倫敦橋からの風景

英国在住の黒執事ファンによるサイト。 英国ならではのコンテンツあります。

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ファントムハイヴ邸へようこそ(Old Castle編)

【では、こちらの散策路から】
P1050097.jpg
「広くてのどかで、気持ちの良い所ですねぇ」
「馬も連れて来れば良かった」
「ふふ、坊ちゃんは本当に乗馬がお好きですね」
「別に。英国紳士として当然の嗜みだ」


【丘の下に見えるのがOld Castleです】
P1050101.jpg
「ッやめ、ろ!」
「強情はらないで下さいッ」
「はなせッ」
「私たちもあんな風に寄り添って景色眺めましょうよ!」
「そんな恥ずかしい真似できるか!」


【蓮の池に囲まれたお屋敷】
P1050106.jpg
「うちのマナーハウスみたいだな」
「なにせモデルですからねぇ」
「おい、ちょっと池に潜ってみろ」
「は?何故ですか?」
「魚がいるか知りたいからだ」
「・・・そんなことで私が濡れないといけないんですか」
「何か言ったか?(怒)」
「何でもありません!行ってきます!!」


【塔や、朽ちた壁がすごく雰囲気よいです。】
P1050113.jpg
「良い感じだな。こういう退廃的な雰囲気はけっこう好きだ」
「そうですね・・・もう少しツタが生い茂って、窓ガラスが割れて、蜘蛛の巣なんかも張ってると、もっと雰囲気出ますねぇ」
「それじゃお化け屋敷だろう・・・(呆)」
「この感性が理解できないなど、坊ちゃんもまだまだお子様ですね」
「(コロス・・・!)」


【では近くまで参りましょうか(ドヤッ)】
P1050120.jpg


【Old Castle近影】
P1050123.jpg
「近付くとまた雰囲気が出ますね」
「ああそうだな素敵な雰囲気だな」
「・・・坊ちゃん、棒読みですよ」


【Old Castle裏庭にて】
P1050126.jpg
「こういう裏庭もいいな」
「うちにはない感じですね」
「うちの裏庭はお前と彼女の密会場所だからな」
「!?(何故それを・・・!)」

P1050128.jpg


P1050130.jpg


【では次に参りましょうか。】
P1050144.jpg
「はぁ~、堪能させて頂きました」
「僕は未だに悪魔の楽しみ方というものが理解できん」
「おや、そうですか?それならこれから、たっぷりと教え込んで差し上げます」
「いや、いい(キッパリ)」


【アーチをくぐりましょうか】
P1050138.jpg
「すごいな・・・童話の中の世界みたいだ」
「この茂り具合最高です!!坊ちゃん、もっと写真を!!」
「・・・ゆっくり楽しめ。僕は先に行く」


【ここから見るOld Castle素敵です】
P1050142.jpg
「もう・・・置いて行くなんて酷いです、坊ちゃん」
「お前が間違った方向で興奮するからだろう」
「だって素敵じゃないですか、この」
「もういい分かったから次行くぞ」


ファントムハイヴ邸(お庭散策編)へ

黒執事紀行TOPへ

| 黒執事紀行 | 21:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。